「SATOYAMA movement」~里山へ行こう~

SATOYAMA movementについて 地域(里山)の景観と暮らしを御洒落に格好よく変えよう!

震災以降、山・森から里地、そして海までを一環として考えていく活動が再認識されてきています。
森・川・里・海をひとつの繋がりとして考え、里海も人の手で守っていこうという活動です。

「SATOUMI movement」では、海の近くでのライフスタイルや、そこにある産業や触れ合いを見つめ直し、海と人の適切な関わり方を模索しながら、里海づくりのきっかけとなる提案を始めていきたいと思います。

里海とは、「人手が加わることにより生物生産性と生物多様性が高くなった沿岸
海域」のことを言います。
健全な里海は、人の手で総合管理されることで、私たちに多くの恵みを与えてくれ
ます。
この貴重な財産を次世代へ継承する為、多くの人が「望ましい沿岸海域」を維持
していく必要があります。
ページトップへ